<< 片手で玄米ご飯 筍ごはん >>
GW後半初日に・・・。
世間様は2日から本格的なGWに突入されたと思われますが、しゃんのGW後半初日は3日からとなりました。
当初の予定どおり、3日、4日と高山のくますみ邸へ押し掛けシェフすべく、2日午前の荷受けを終えてから、のんびり仕込みを開始。

f0152637_9365633.jpg

まずは4日の朝用の山形食パン。
発酵させている間、タルト生地をフードプロセッサーでこね、冷蔵庫で寝かせ、ネギと生姜のみじん切りを大量に投入した肉味噌を作り、前日に甘辛く煮付けておいたお揚げさんに酢と塩のみで味付けした酢飯を詰めて、3日のお昼用のお稲荷さんを作り・・・あとはあとは・・・と悩みつつ、まぁあとは現地ですればいいよね〜ってことで、冷蔵庫で寝かせておいたタルト生地を伸ばして、キッシュ2台と、タルトの台のみ2台を焼成。

f0152637_9425661.jpg

マトファのタルト型は仕上がりがキレイでいいわぁ〜と自画自賛しつつ、2日の夜は11時に就寝。

そして迎えた3日の朝。
往復100キロオーバーの旅お初なバモスホビオ君にバリケンとソフトクレートを搭載し、食材を満載して、いざ高山へ!
一律千円の渋滞は嫌だなぁと思い、R156→せせらぎ街道をチョイス。ソニックが早々とピ〜ピ〜言い出したので岐阜市内のココストアでトイレ休憩をした後はひたすら走って、道の駅 明宝で散歩休憩をとる。
GW中とあって、車も人も多いため、人の少ない入って右手の公園で散歩をするも、この公園歩くところは石畳しかも階段だらけで、緑地は入所不可となっている。それでもなんとか土の部分を見つけて、ソニアスの○ん○をさせて、○ん○袋とアスカのリードを右手に、左手にはソニックのリードを持ち、車まで石の階段を「スロー」コマンドをかけつつ登っていった。車まであと数段ってところで、何がトリガーになったのかソニアス両者が突然ガン引きし出し、あまりに突然だったため、バランスを崩して、リードを持ったまま前のめりになり、石の階段で大転倒。隠れ左利きにつき、左手で身体を支えようとしたとき、石で硬いはずの階段が、まるで超高級羽毛布団のようにふわぁ〜んとする。えっ!?この階段抜けてる!?と思ったのだが、後から思うに抜けていたのはしゃんの左腕だったのだ。だって、そのときの左腕はあらぬ方向を向いていて、ぶら〜んっだったんですもの。
で、そのまま右手で左腕を持って、脱臼していたと思われる左肘を無意識にぐいっとはめ直して、ソニアスにウエイトコマンドをかけて、その場にうずくまる事数十分。母ちゃん絶対のアスカは離れず側にいてくれるのだが、パニックに弱いソニックはとにかく落ち着ける車に行きたくて仕方がないようで、何度もウエイトコマンドをいれなおすはめに。しゃん自身も痛いのが先にあるものだから、口調がどんどん厳しくなり、ますますソニックはパニックになる始末。こういうとき、落ち着いてコマンドを入れられるように自分自身もパニックに強くならねばなぁと考えさせられました。
そしてなんとかリードを持って歩けると判断して、ソニアスを車内に入れた後、すみちゃんに「脱臼したみたい。救急の整形外科知らない?」と電話を入れて、探して電話をくれるのを待っている間、どんどん痛みは増し、長袖で様子はしっかり見えなかったのだが、肘部分が腫れだしていく。もしかして骨折してる?と不安になって、ソニアスをすみちゃんにピックアップしてもらうこと、その後、DANにソニアスを連れて帰ってもらうことを自分なりに考えて、「骨折しているかも。なんとか清見まで走るから、救急車呼んで、すみちゃんソニアス迎えに来て。」と電話して、せせらぎ街道をパスカル清見まで頑張って走る。
後から、「なんで明宝で救急車呼ばなかったの?」とDANに指摘されたのだが、そのときにはとにかくソニアスをすみちゃんにお願いしなくちゃってことと、パスカル清見まで行けば、高山まであとちょっとと思い込んでいたってこともあって、走ってしまった次第で・・・。
痛みと貧血に翻弄されつつ、なんとかパスカル清見の芝生公園側に到着して、すみちゃんが連絡してくれたピースパパの指示に従って、自分の携帯から119に電話して、状況を説明して、救急車を待つ事30分余り。運良く救急車とすみちゃんが同時到着となり、ソニアスのピックアップも見届け、救急車の人となりました。
救急病院での診断は脱臼による腫れと痛みで、簡易に固定され、連休明けたら、整形外科で靭帯の損傷やらを診てもらってねぇとのことでした。折れてなくて良かった〜。ただ先生曰く、簡易にレントゲンを2枚撮っただけだから、完全に折れてないわけじゃないよとのことでしたが・・・折れてたらもっとヒドく腫れて、指も動かないようです。
救急の窓口で支払を済ませて、薬局で痛み止めと湿布をもらって、すみちゃんにピックアップしてもらって、くますみ邸へ来たら、チャオ御岳にいたDANがすでに到着しておりました。

f0152637_19454435.jpg

そして、くますみ邸のソファでくつろぐ負傷兵しゃん。
ホッとしたらお腹が空いたのでお稲荷さんをいただき、今回の事の顛末を話して、DVDを観たり、犬達の話に花を咲かせたり、左手が使えないしゃんの代わりにすみちゃんにシェフしてもらったりで4日のお昼まで楽しく過ごさせてもらいました。
くまちゃん、すみちゃん、本当にお世話になりました。
今回、こんなことでいろいろご迷惑をかけしてしまい、申し訳なかったです。
次回はお約束通りお庭でBBQってことで・・・。
ルーティン入れながら、某パパに焼いてもらいましょうね(笑)。
そしてピースパパ&ピースママも心配をお掛けしました。
また何かの機会にお返しをしたいと思っておりまする。MCは無理なので、またミキサーかな!?(笑)

と言う事で昨日今日は何も出来ず、ダラ〜〜〜ッとしております。
着られるお洋服がかなり少ないので、昨晩はご飯を外に食べにいったついでに只今お気に入りのお店でノースリーブワンピなどを購入。ちょっとラブリーですが、DANがOKしてくれたのでいいんでしょう(笑)。
さて明日、整形外科でどう診断されるかが楽しみです。
[PR]
by dan-shan | 2009-05-06 11:05 | おうちごはん
<< 片手で玄米ご飯 筍ごはん >>